オーガニックシャンプー通販ナビ - ランキング・口コミ人気で選ぶなら?TOP > 作用について > 無添加シャンプーとの違い

無添加シャンプーとの違い

 

シャンプーにはいくつか種類がありますが、無添加シャンプーやオーガニックシャンプーというものはお肌にも優しいと言われているので、興味のある方は多いですね。

 

と言っても、無添加シャンプーとオーガニックシャンプーは同じもののように思えますが、一体どんな違いがあるのでしょうか。

オーガニックシャンプーとは、界面活性剤などの化学成分を全く使用っていないシャンプーで、主な原料は全て天然成分で作られているため、肌トラブルを起こすことが少ないと言われています。

 

その一方無添加シャンプーは、化学成分の原料をなるべく使わず、植物由来のものを使っているシャンプーですが、表示指定成分を含まない事を指す場合が多いと言われています。

 

つまり表示指定成分を含んでいなければ、無添加シャンプーと掲げている事もありますね。

 

しかし、必ずしも表示指定成分を含んでいなければ、お肌にとって安全でトラブルを起こさないのかというと、そうとは限りません。

 

シャンプーに含まれるその他の要因により、何らかのトラブルが起こる可能性があるからです。

 

ちなみに、オーガニックシャンプーの場合には、有機栽培で育てたものを使用していて、刺激も優しくお肌に必要な栄養分を補うこともできます。

 

そういった点が無添加シャンプーとの違いですね。

 

よって、よりお肌のことを考えるのであれば、オーガニックシャンプーの方が良いのではないでしょうか。

 

名前だけを見て購入するのではなく、このように成分についても注目してみましょう。

 

作用について記事一覧

ふけ・ニキビ対策に

頭皮からフケが出るのが悩みという方も多いようですが、フケは人目に付くものなのでとても気になりますよね。そもそもフケというのは何かというと、角質細胞のことです。肌は周...

かゆみ・敏感肌対策に

頭皮のかゆみが気になる方は多いと思いますが、そもそもなぜシャンプーをしているにも関わらず頭皮にかゆみが生じるのでしょうか。これは、頭皮だけでなくお肌全体に対して言えることで...

無添加シャンプーとの違い

シャンプーにはいくつか種類がありますが、無添加シャンプーやオーガニックシャンプーというものはお肌にも優しいと言われているので、興味のある方は多いですね。と言っても、無添加シ...