FXでスプレッドとはどんな意味?

そこで、FXの取引の中で必要になるコストである、スプレッドについて確認しておきましょう。
取引の中で通貨を売買する際には、購入価格(BID)と売却価格(ASK)には差額があり、この差額がトレーダーにとってのコストになります。
このスプレッドは、「米ドル/円89.
15~89.
17」というように2wayプライスという方法で表示され、この例の場合はスプレッドが2銭ということになります。
スプレッドはリアルタイムで変動している市場のレートとは違い、売値と買値は各FX会社が独自に設定しています。
このスプレッドもコストであることに変わりはないので、手元に利益をしっかりと確保するために、できるだけスプレッドの小さい会社を選ぶようにしたいものです。