交通事故にはくれぐれも注意を!

「交通事故」と言うのは、交通機関で起きる事故の事を意味しています。 一般的に言うと道路上での自動車があります。 また自転車、歩行者の間で起きる道路交通事故のことを言います。 これらも含みます。 その他にもお客さんを乗せている旅客自動車が転倒した場合の事故があります。 また車内設備で負傷した場合の事故もあります。 更には、車内で起きた人身事故などについても交通事故に含むことがあります。 交通事故については、法律できちんと定義されています。 その1つ目が「道路交通法」です。 2つ目が「自動車安全運転センター法」です。 3つ目が「自動車損害賠償保障法」です。 これらが交通事故に関係している法律になります。 『道路交通法』 道路上で車両などが起因して起きた、人の死傷、物の損壊について定めています。 道路交通法に定めてあるものと、それ以外に道路外で起きたものも含まれます。 『自動車損害賠償保障法』 しかし、次のような場合においては、道路交通法上で交通事故に分類されません。注意してくださいね。 それは道路外で起きた事故の場合ですね。 一般道などではありません。駐車場などの私有地で起きた事故については、道路交通法上で交通事故となりませんよ。 歩行者の単独事故、歩行者同士が衝突した場合なども該当しませんので注意しましょう。