看護師の平均収入はどのくらい?高月給な病院の求人が人気?

看護師は挑戦的な仕事だと思われています。
現在は、どの仕事でも面と向かって人とかかわることがあまりなくなっています。
対して、看護師は他人と深く交わることができ、支えることができるという意味においてやってやろうと思う方が多くいるのでしょう。
日本の看護師が1年間にもらえる給料は平均437万円ぐらいです。
だが、国、市、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として働いているため、平均年収は593万円ほどになります。
公務員として働く看護師は給料の上がる率も民間病院よりも高く、福利厚生も充実しております。
準看護師となると、看護師と比較して平均年収が70万円ぐらい低いです。
看護師として勤務している人は何万人もいますが、それとは対極的に、資格を有していながらも、仕事に就いていない人が五十万人以上いると予測されています。
日本で4万人の看護師が足りないとされているため、その五十万人の中の、ごく少数の人でも勤務できるようになれば、この問題も少しは解決できると考えます。
看護師の平均的な収入は、激務である割に、それほど高額ではないのが実際のようです。
常によりよい収入を支払ってくれる職場を求めて転職のために活動している人がいるのです。
お給料が良い病院は、当然、人気でなかなか枠があかないため、看護師専用の転職サイトなどを利用して、転職のために活動している人もいます。